1. TOP
  2. 「保護されていません」の警告

「保護されていません」の警告

 2017/10/12 トラブル
この記事は約 2 分で読めます。 15 Views
保護されていません




ネットでページを開くと「保護されていません」と表示されることがあります。 これはセキュリティに問題があるページに表示される警告です。

でもこの警告は、ブラウザのGoogleクローム56から実装されたセキュリティ機能によるものなのです。

なので必ず、ただちに危険なページということではないのですが、悪意のあるプログラムに狙われる恐れがあるので警告を表示するようになったんですね。

 

もう少し具体的には、ページにフォームがある場合、データの送信を行うために表示するようになりました。 このセキュリティの警告がでる原因は。SSL(暗号化)されていないから。

 

保護されていません

一番わかりやすいのは、URLですね。

http://~ 

https://~

と、「s」がついているのがSSL化されたページと言うことです。

 

今までどおりの http://~ だと危ないよ、とブログやホームページの訪問者へ警告がでるわけです。

これ、今まではフォームだけだったのですが、今後は「サイト内検索」などのフォームも警告対象になるとのこと。どんどん厳しくなっていきます。

 

また、シークレットモードで今までのhttp接続(非暗号化通信)を行うとフォームの有無にかかわらず、「保護されていません/保護されていない通信」が表示されます。

ここらへんは技術的なことなのでわかりにくいのですが、SSL化が必須ということです。

サーバーの設定変更によって対応できるのですが、ワードプレスなどがインストールされているとちょっと知識が必要ですね。 WEBデザイナーやエンジニアならわかりますが、これが自作でホームページを作っている人などはちょっと難しいかもしれません。

 

HP制作のコンサルなどにお願いしていれば、少し料金がかかるかもしれませんが対応してもらえます。

クロームはGoogle。ということはアンドロイドの端末でも同じように表示される可能性も高いので、システム周りの対応はこれからも発生しそうですね。





\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページの注目記事を受け取ろう

保護されていません

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwanokazuya

この人が書いた記事  記事一覧

  • Googleの「ウィキペディア」検索結果

    240文字も!検索結果の説明文が長くなった気がする

  • テレビCM

    残念ながらSNS時代の常識だって広告で作られてる

  • 複合語チェック

    ご縁の1歩目!集客できる検索キーワードをしっかりチェック

  • 需要チェック

    やらない理由がない検索の需要チェック

関連記事

  • ウイルスやられて発熱した犬

    ランサムウェアの被害にあった98%の残念な人は?