1. TOP
  2. 1円からOK!広告の失敗を避ける1円スタート

1円からOK!広告の失敗を避ける1円スタート

リスティング
この記事は約 3 分で読めます。 208 Views




「王子駅ランチ」で実際に広告をだいしていますが、気になるのはコストですよね。
たとえばフリーペーパーやチラシなどで広告がよくわからない場合でも、1回1万円とか、月に1万円の予算などで管理していることも多いでしょう。

でもネット広告の場合は、予算は自分で決められます。
と言われても、今までなかったことなので迷う方も少なくありません。

じゃぁとりあえず5000円とか?
なんて思うはずなんですね。
基準も経験もなければわからないのが普通です。

そこで実際の管理画面を見て欲しいのですが、1円ということが可能です。
画像の表の1番下、【広告グループ入札単価】というところで1円に設定しています。
これは今回の「王子駅ランチ」というキーワードの入札価格(オークション制です)に、1円ならだしますよ。という設定なのですね。

これは、アフィリエイトでは定番の「1円出稿」という方法です。
Googleだと10円ですが、普通のビジネスではあまり利用されません。

1円出稿

 

インプレッション

でもキーワードがオークションの入札ならば、1円だと勝てないから表示されないんじゃない?と思うはずです。

ところが3日間で、15回表示されています。
これはいくつか理由があるのですが、1つは高値の広告のクリック率が悪いと、ためしに下位の広告を出すことがあるからです。

10円で入札している広告があっても、あまりクリックされないと1円の広告を試しに出してみたりするようです。

あとは大手さんの場合、「ランチ」なら夕方以降は出稿を止めていたりします。そういう時にぴょこっと1円の広告が表示されたりします。

今回は15回で0クリック。
まったくページも見てもらえませんが、発生する広告料も0円です。
つまり無料で表示はできている、ということですね。

前の記事【7日で496円。「王子駅ランチ」1週間のコスト】で、10円出稿なら1日100円以下なのはわかっています。

でもコストを削減したければ、今回の1円出稿のような方法もある、ということですね。

もしクリックされれば数円の広告費がかかりますが、一定の確率で集客できてしまうわけです。

またこの金額、10円くらいなら成果を確認しなくても、広告を出して放置でもいいのではないでしょうか。

個店の場合、担当者もいなくて時間もとれないことが多いはず。 でもほったらかしで、見込み客を集客できる状況は作ることができるわけですね。

ま、あくまで今回はチャンスを残しつつ、コストを最大にカットする一例ということですね。




\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページの集客方法の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページの集客方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 都構想

    「都構想」:政治の世界もついにSEOが必須の時代に

  • 債務整理

    債務整理の古いサイトをSSL化

  • ベビー服のHaruulala(ハルウララ

    ベビー服のHaruulala(ハルウララ)の広告まわり

  • WEBエンジニア

    WEBエンジニアに丸投げすると失敗が多い理由

関連記事

  • 湘南美容 サジェスト

    賢い会社は「〇〇公式」で検索!をこう使っていた。

  • ヘアブラシ

    広告費をムダに上げないために、LP前とLPは一致させよう

  • ネット広告ここまでやったら儲からない?

  • 1円広告で消耗戦から生き残るお店になる方法

  • フェイスブック広告

    セミナー集客方法なら、まずはフェイスブック広告