1. TOP
  2. システム
  3. HTMLサイトのSSL化も10分程度!さくらサーバー

HTMLサイトのSSL化も10分程度!さくらサーバー

システム
この記事は約 2 分で読めます。 882 Views




前回、さくらインターネットのスタンダードプランのサーバーで、ワードプレスをSSL化してみました。

次は、エコノミープランで、htmlファイルで設定してみます。

 

WPはプラグインがあるけどhtmlの場合は大変なのでは?

と思ったのですが、結論としてはむしろもっと簡単かもしれません。

 

WPとhtmlの違い

ワードプレスはプラグイン。

htmlの場合は、プラグインではなく「htaccess」(エイチティアクセス)で設定するだけでした。

これはサーバー制御用のファイルなので、リダイレクトの設定をかけているんでしょうね。

 

プラグインまでは同じ

ということで、手順は前回のさくらSSLのWP編の、【プラグインの利用開始】の手前までは同じです。

 

今回のhtmlはアフィリエイター御用達のSIRIUS(シリウス)です。

まぁソフトはどうでもいいですけどね。

 

で、↑のリンク先の【プラグインの利用開始】の所にきたら、「.htaccess」ファイルを作成し、サーバーのルート(一番上のフォルダ)にFTPで転送するだけです。

こちら「.htaccess」の作り方も、SSL設定画面で「wordpress以外の・・・」というリンクをクリックすると最新情報を確認できます。

つまりプラグインの代わりに、「.htaccess」で設定するだけでした。

 

無事、HTMLサイトでもSSL化されました。

https://ehomeloancenter.com/

さくらHTMLのSSL化

FTPがからむ分、初心者だと5分では厳しいにしても、2回目からは10分もかからないでしょう。




\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページ集客ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページ集客ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コアサーバー 復活

  • ネット上で画像加工と編集ができるアプリ

  • 画像丸抜きくん

  • ITリテラシーがなければIT補助でシステムを導入してもこうなっちゃう

関連記事

  • ワードプレスの投稿画面を元に戻すプラグイン

  • SSL化したのに「保護されていない」の警告表示

  • ワードプレスプラグインの選び方

  • Googleフォームの作り方

  • SSL化が無料なサーバーを選ばないと無駄なコストがかかる

  • ソネットブログからSSブログのログイン方法