1. TOP
  2. WEBエンジニアに丸投げすると失敗が多い理由

WEBエンジニアに丸投げすると失敗が多い理由

システム
この記事は約 3 分で読めます。 61 Views
WEBエンジニア




WEBエンジニアに丸投げすると失敗が多い理由は、作ることが最優先になってしまうから。

作ることができるかできないか? じゃなくて、そもそも作る必要があるのか?

 

もちろん、小中規模のはなしね。
大企業はがっつりと開発してくださいな。

 

 

WEB開発の意味

このジョーク、聞いたことありますよね?

 

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。 無重力ではボールペンが役に立たない。

NASAの科学者たちはこの問題を解決するために、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。

その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!

一方、当時のライバルロシアは、ボールペンでなく鉛筆を使った。

 

 

実際には、アメリカのNASAも鉛筆を使っていたそうで、無重力でもかけるボールペンはまったく別に開発されたそうです。

つまり、開発にコストをかけるよりもまずはある物をつかう。そしてよいものを開発できたら乗り換える。WEBではこれが鉄板だろうと思うわけです。

 

 

WEBエンジニア

 

ここでの話は、当然ブログやホームページなどのお話。
エンジニアというとプログラム組んだりいろいろ開発できる優秀な人です。

ただ、ディレクションの立場で考えるとエンジニアに任せるのはベストではなかったりします。
もしディレクターがいなければ、エンジニアがディレクションもやってしまいます。

 

なにが問題か?

 

そりゃぁなんでも作りたがる。

たとえば・・・
ある動画を作ったとする。公開したいと考えたら、あなたならどうしますか?

そりゃユーチューブにでもアップすればいんじゃね? と思いますよね。

 

 

でもエンジニア発想では、「動画を提供する環境を作る」となります。
いや冗談でしょう。と思いますが、数年前までは本当にあった話です。

というのもシステム開発会社の場合、システムを開発をしないと仕事になりません。
だから、ある物をつかってしまったら商売になりません。

 

この動画。ユーチューブならごっついサーバー代もいらないし、見てもらえる機会も増えるし、ほかの機能を考えても、あるもの使った方がいいんじゃない?と思うわけです。

 

 

つまり、エンジニアを生かすなら、ディレクション視点が必要ということです。

作ることができるかできないか? じゃなくて、そもそも作る必要があるのか?

 

カンタンに作れるのはいいんだけど、環境がかわったらちゃんと対応できるのか?と考えると、中小企業では独自開発ってかなり微妙だったり。

 

これを考えなければ、無駄なコストを垂れ流すことになってしまうわけですね。

全体を俯瞰してみる視点、心がけたいですね。

 




\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページの集客方法の注目記事を受け取ろう

WEBエンジニア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページの集客方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 都構想

    「都構想」:政治の世界もついにSEOが必須の時代に

  • 債務整理

    債務整理の古いサイトをSSL化

  • ベビー服のHaruulala(ハルウララ

    ベビー服のHaruulala(ハルウララ)の広告まわり

  • WEBエンジニア

    WEBエンジニアに丸投げすると失敗が多い理由

関連記事

  • NO IMAGE

    コアサーバーのSSL化

  • アメブロの画像認証

    アメブロの読者登録でアクセスアップのチャンスを逃さない設定

  • モバイルフレンドリーテスト

    「モバイル ユーザビリティ」の問題が新たに検出されました

  • SSL化は5分でOK!さくらサーバーのワードプレス

  • 多言語化

    Google翻訳の多言語化ツールが終了

  • SSLで完全に保護されない

    リンクを貼ってもらえない。SSL化を行わないデメリット