1. TOP
  2. ドメインとサーバーを分けるのはリスク対策の基本

ドメインとサーバーを分けるのはリスク対策の基本

トラブル
この記事は約 3 分で読めます。 106 Views
ツイッター




まったく需要がなさそうな話。
「サーバー」と「ドメイン」を分けた方がよい理由。

アフィリエイターやWEBマーケティングの知識がある方なら、1ドメイン1サーバーで運用することは、まれでしょう。

 

でもちょうどわかりやすい実例があったので解説しておきます。

 

 

ソフマップ

ソフマップのサイトが落ちていた時のことです。(2019/09/07・0:10)

ソフマップ

「星名美津紀」のイベント情報を見るだけなのに、そんなにアクセスあるのか!?なんておもっちゃいますよね。

 

でもこれ私の回線の問題じゃない?
と思ってツイッターをチェック。

ツイッター

たんじゅんにソフマップのサーバーが落ちていることがわかりました。

まぁ人生いろいろあるよ。

 

でもツイッターユーザーのツイートに「一個もつながらん」とあります。
つまり関係するビジネスのサイト、全部が止ってしまっているんですね。

 

でもトラブルだからしょうがないんじゃない?
なんて思うかもしれませんが、違います。

単純な話、ドメインとサーバーをわければこれは回避できるトラブルだからです。

 

今回の原因は私では分かりません。
でも、「アイドルのイベント情報」ではないでしょう。

いや、アイドルのイベント情報だったとしましょう。
その場合でもソフマップのすべてのサイトが停止してしまいます。

 

 

これは、ドメインもサーバーも1つだからです。(たぶん)
広告を出していますが、この広告先のLPすら落ちています。

ソフマップの広告

 

 

ビジネスならサーバーとドメインはわける

 

これ、単純な解決法があります。
事業ごと、店舗ごと、テーマごとなどにドメインとサーバーをわけるだけ。

たとえば中古パソコンの負荷が大きすぎてサーバーが落ちたとします。
ても、アイドルのドメイン&サーバーが別ならば無事です。

 

今はドメインもサーバーも同じなので、どこか1つの負荷が大きい。
またはシステムに不具合、トラブルがあったら全部がドボンです。

今のご時世、ビジネスがストップしてしまってますよね
WEB、それも検索ならば目的をもったお客さんに対応できません。

 

co.jpのコーポレートサイトも落ちているので、システム的な問題でしょう。

 

たとえツイッターでPRしても、リンク先のページは表示されません。
落ちてますからね。

ソフマップツイッター

 

 

いわば保険

こういった意味では、ドメイン&サーバーをわけるのはいわば保険です。
だってそうそうないとはいっても、現実としては起こりえます。

まぁこの規模だったらそれなりのサーバーも必要なるでしょう。
でもせいぜい月に数万円。

 

そう考えたら破格の保険料になるわけです。
もっと小さいビジネスなら、千円もかからないかもしれません。

保険て私ら貧乏人のためのもの。
でも、うまくいってる人ほど保険に入ってたりするんですよね。

そんだけ。

 

 




\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページの集客方法の注目記事を受け取ろう

ツイッター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページの集客方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • アナリティクスと Google 広告のリンク設定

    Google アナリティクスと Google 広告のリンク設定

  • 竹本直一 ホームページ

    竹本直一 ホームページ

  • ツイッター

    ドメインとサーバーを分けるのはリスク対策の基本

  • 自分のビジネスを登録

    店舗はHPより先にマップへ登録を!

関連記事

  • ランサムウェアの被害にあった98%の残念な人は?

  • NAVERまとめ無断転載

    約34万件を削除!マスコミの圧力で無断転載コンテンツに制裁

  • パスワード流出

    【詐欺メール】あなたのパスワードが侵害されました(メアド)

  • NO IMAGE

    【詐欺メール】クレールオンラインショップ

  • sakura.co

    さくらインターネットになりすますフィッシングサイト

  • Firefox

    firefox 脆弱性