1. TOP
  2. サーチコンソール

サーチコンソール

リスティング
この記事は約 3 分で読めます。 133 Views
サーチコンソール




WEBの世界で「サチコ」といえば?

そうです、Google Search Console です。
https://search.google.com/search-console/

HP制作業者などプロにWEB制作を依頼すれば、設定もやってくれているはず。
でも自作の場合は、登録していないこともあるので注意が必要です。

 

 

サーチコンソールとは?

サチコとは、サイトの検索順位やキーワードなどのデータを取得できるサービスです。

アクセス解析の「Googleアナリティクス」でもわからない、検索キーワードや検索されているキーワードなどがわかるツール(サービス)です。

 

たとえば私の小さいサイト。

サーチコンソール

 

SSL化などの影響で、アクセス解析では検索キーワードがほとんどわからなくなりました。
でもサチコの場合はキーワードだけじゃなく、表示回数もわかるのです。

 

サーチコンソール

 

ただアクセス数というよりも、検索者の意図をより深く知るためのツールです。

検索キーワードが分かるだけでも助かるのに、表示やクリックもわかります。
これは「自分」と「訪問者」だけじゃなく、「ライバル」との関係もわかるといえるでしょう。

 

 

改善ポイント

たとえば・・・

 

表示回数が少ない

そもそもコンテンツがすくなかったり、検索されないキーワードでコンテンツを作っている。
日記などが代表ですが、誰も探さないキーワードだと検索されません。

検索されなければ表示されない、ということです。
これは基本の検索キーワードの選び方をチェックするとよいでしょうね。

 

アクセスがない

表示回数はあるのに、アクセスがない(クリックされない)

この場合にはこのようなことが考えられます。

 

・タイトルや説明文が魅力的ではない

クリックしたくなるようなタイトルでなければ、クリックしてもらえません。ゆえに、アクセスにつながらない。 つまらない文章でも反応してもらえません。

これらは興味を引くタイトルや説明文にする必要があります。

 

・上位のページで解決してしまう

たとえば「東京オリンピック 日程」で5位に表示されていた場合。
表示回数はメチャクチャ多いでしょうが、たぶんアクセスはそれほどでもないはずです。

なぜなら、公式サイトなどで完璧な回答が得られてしまうから。
わざわざ下のページを探したりしませんよね。

 

順位が低い

いわゆる検索エンジン対策によって、検索順位を上げる必要があります。
ただ最近の傾向として、訪問者が満足するコンテンツで順位が上がる傾向にあります。

それを踏まえると、リンク対策などよりもキーワードにあった適切な回答がページにあるか?ここの精査によって順位アップは期待できるでしょう。

 

 

まとめ

このように自分のサイトやページの改善点を見つけられるのが、サチコ。
ただプロでもないと知らないこともあるので、登録しておきましょう。

プロにWEB制作を依頼したのなら登録済みだと思います。
未登録の場合はお願いしておきましょう。

 




\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページの集客方法の注目記事を受け取ろう

サーチコンソール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページの集客方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • BERTアップデート

    世界70か国のGoogleでBERTアップデート開始!

  • 日本地図センター

    日本地図センターのハッキング問題

  • ガラス修理

    電話帳時代のLPO

  • 電話帳

    マップのSEO対策、MEOの基本の大切さは電話帳から学ぼう

関連記事

  • ブロックグミ

    儲かる会社は1つの商品でも、LPは見込み客の分つくるもの

  • 湘南美容 サジェスト

    賢い会社は「〇〇公式」で検索!をこう使っていた。

  • プラセンタ&セラミド

    リバテープ製薬の広告文とLPセットの事例

  • 王子駅前メンタルクリニック

    マイビジネスの登録を怠ると、お金を払って他社の集客をお手伝いすることに

  • やらない理由がない検索の需要チェック

  • タウンページ

    マイビジネスの使い方はタウンページがお手本!