1. TOP
  2. ワードプレスの投稿画面を元に戻すプラグイン

ワードプレスの投稿画面を元に戻すプラグイン

システム
この記事は約 2 分で読めます。 165 Views
Classic Editor




ワードプラスを5にバージョンアップしたら、記事投稿画面が使いにくくなって何もできないレベル・・・

 

ブロックエディター

ワードプレスブロックエディター

ワードプレスのバージョン5から導入されたのが、ブロックエディター。
記事項目をブロック単位で管理できて初心者にもやさしい! たぶん。

 

でもWPユーザーで「便利!」「助かる!」なんて感想は1つも聞いたことがないほど、従来のユーザーは使いにくい・・・

 

 

Classic Editor

そんなお嘆きの貴兄に必要なのが、「Classic Editor」プラグイン。

Classic Editor

 

もうそのまんま、今までどおりの記事投稿ができちゃうよ♪

クラシックエディター

これでWP5へ安心してグレードアップできますね。

 




\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページの集客方法の注目記事を受け取ろう

Classic Editor

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページの集客方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 春名風花がツイートを提訴

    春名風花さんがツイッター投稿者を提訴

  • 多言語化サイト

    外国人観光客で困らないための多言語の翻訳サイト

  • エゴサ対策

    自分でできるエゴサーチ削除など対策のやり方

  • ランクブレイン

    Google検索のAI技術・RankBrain

関連記事

  • 画像の切り抜き

    【要保存】画像切り取り&人物の切り抜きサイト

  • シーサーブログ SSL化

  • レンタルサーバーアカウント

    3社でよくね?失敗しないレンタルサーバーの選び方

  • 多言語化

    Google翻訳の多言語化ツールが終了

  • SSLで完全に保護されない

    リンクを貼ってもらえない。SSL化を行わないデメリット

  • Google翻訳ツール

    ホームページやブログをGoogle翻訳で多言語化する方法