1. TOP
  2. システム
  3. Googleフォームの作り方

Googleフォームの作り方

システム
この記事は約 6 分で読めます。 136 Views
Googleフォームの作り方




アンケートだけじゃなく、問い合わせフォームとしても使えるGoogleフォームの使い方を説明します。

 

 

Googleフォーム

Googleフォームを開きます。

【https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/】

 

まずはパーソナルでいいでしょう。

Googleフォーム

 

Googleフォームのトップ画面はこちらです。

Googleフォームトップ画面

 

もしフォームの目的と一致するテンプレートがあれば、テンプレを利用するのもよいでしょう。
今回は最初から作成します。「空白」をクリック。

すると、管理画面院なります。

 

 

プレビュー

実はこの段階でも、フォームはできています。
今の状態を知るために、目のマークの「プレビュー」をクリックしていましょう。

Googleフォームを新規作成

 

プレビューが別ウィンドウで表示されました。

これは完成したフォームですね。
フォームを作りながらプレビューで確認するとわかりやすいですね。

Googleフォームプレビュー

 

実はこのGoogleフォーム、基本が「アンケート作成用」なのです。
そのため、用途に合わせてカスタマイズしていく必要があります。

 

 

サンプル作成

試しにサンプルのフォームを作成してみます。

 

文字の入力、変更

まず文字の入力、修正はその場所でクリックすれば変更できます。
タイトル、説明文を変更してみました。

 

入力タイプ

入力欄のタイプを「文字入力」や「チェック」などに変更するには、右側のプルダウンメニューから選びます。
画面だと「●ラジオボタン」の場所をクリックして選べます。

Googleフォーム

 

入力必須

必ず入力する必要がある項目は、「入力必須」に設定します。

Googleフォーム 入力必須

 

プレビューで確認してみましょう。

 

メールアドレス入力

ただこのままでは、ただのアンケートになってしまいます。
メールアドレスの入力を追加しましょう。

 

歯車マークの「設定」をクリック

 

この例はメアド入力必須+フォームを送ってくれた方へコピーを送る設定にしました。

右上の「保存」をクリック。

これで、フォームの最初にメールアドレスの入力欄が表示されました。

 

※全体設定でメアドを必須にする方法

個別のフォームではなく、これから作成するフォームの全体設定

 

【1】右上の「・・・」が縦に並んでいる、「そのた」をクリック。

【2】「設定」をクリック。

 

このフォームの設定が表示されます。

【1】「メールアドレスを収集する」をチェックします。これでこれから作成するフォームにはメールアドレス入力が必須になります。

ついでに、【2】の「質問を必須にする」にチェックを入れると、基本的にすべての項目が入力必須になります。こうしておきましょう。

いわゆる「任意」のような項目がなければ、「すべて必須」の方がよいでしょうね。

 

そして右上の「保存」をクリック。

 

入力項目の追加

「+」の「質問の追加」をクリックすると、項目が増えます。
※削除する場合は、右下のゴミ箱をクリック。

こんどは、プルダウンタイプで性別を選ぶようにしてみました。

 

このように、必要な項目に合わせて質問をつくっていきましょう。

 

送信をクリック

中央のリンクマークをクリック。
これで作成しているフォームのURLアドレスが表示されます。

URL を短縮にチェックで、短いURLになります。
通常はこちらでいいでしょう。

 

※埋め込み

ちなみにwebページに埋め込むには、リンクマークの右の<>タブをクリック。
「HTML を埋め込む」に表示されているhtmlタグをページに貼ると、ブログなどのWEBページの中で使うことができます。

 

ページから登録してみて、ちゃんとフォームで連絡がとれるかどうかをチェックしましょう。

 

フォーム入力後のコメント

デフォルトのままでは、フォームに入力して送信すると「回答を記録しました」とコメントが表示されます。これを変更しましょう。

 

一般的には、「お礼」+「確認メールを送りました」などの内容で、自動的にメールを返信することが多いです。

でもGoogleフォームの場合、自動返信の設定がとても面倒です。
ちなみに私がチャレンジしてもできませんでした。

 

なので、メールで返信する内容自体を、フォーム入力後のコメントに記載するのがおすすめです。
「メールが届きません」などの対応もはぶけます。

 

「設定」をクリック。
※上記「メールアドレスの入力を追加」にある右上の歯車マーク

中央の「プレゼンテーション」をクリック。

※「別の回答を送信するためのリンクを表示」のチェックは外しましょう

 

そして「確認メッセージ:」
これが、フォーム送信後に表示されるメッセージです。

 

そこに、こんな感じでしっかりしたコメントを記載しておきましょう。

入力ありがとうございました。

内容を確認したのちに、ご連絡いたします。
1週間程度のお時間をいただきます。

なにかございましたら、こちらのアカウントへお気軽にお問い合わせください。
xxxxxxxxxx

-署名-
株式会社〇〇
住所~
電話番号~

入力したら「保存」をクリック。

 

 

チェック

ひととおり入力できたら実際に送信してチェックしてみましょう。
上記の「フォームのURL」でチェックしたURLを表示します。

つくったフォームが表示されているので、入力して送信します。
この時に、入力者の気持ちになって「確認メッセージ:」も見直しましょう。

 

フォーム修正の画面に戻ると、中央の「回答」に新着の数字が出ます。
いま自分で送った回答が1、ということですね。

 

デフォルトではアンケート結果の表示になっています。
これをリストにしておきましょう。

「回答をスプレッドシートに表示」をクリック。

とりあえず、「新規のスプレッドシート」でいいでしょう。

これで回答が、スプレッドシートに追加されていきます。
※スプレッドシートはオンラインで使えるエクセルのようなものです。

 

フォームに入力されたデータが、自動的に表で管理できるようになります。

 

※回答をメールで受け取る

フォームの送信があった場合、gmailへメールを送ることもできます。
「回答をスプレッドシートに表示」の右にある「・・・」をクリック。

「新しい回答についてのメール通知を受け取る」にチェックでOK。

 

 

運用

できるだけ作ったフォームだけで使わずに、WEBページに埋め込みましょう。

そしてそのページを紹介するようにしましょう。

 




\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページ集客ガイドの注目記事を受け取ろう

Googleフォームの作り方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページ集客ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 10万円給付申請、オンライン化を断念

  • ネットショップBASEの登録

  • エーハチネット 【A8.net】登録

  • SEO・Google検索2020年5月のコアップデート

関連記事

  • ツイッター自動返信でのプロモーション

  • WEBエンジニアに丸投げすると失敗が多い理由

  • ワードプレスの投稿画面を元に戻すプラグイン

  • ホームページやブログをGoogle翻訳で多言語化する方法

  • メルカリ

  • 東京オリンピックチケットも、ネットがなきゃ情報もわからない