1. TOP
  2. SNS
  3. 小さいお店こそLINE公式アカウント

小さいお店こそLINE公式アカウント

SNS
この記事は約 5 分で読めます。 495 Views
LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

今どき名簿をつくるなら、LINEの公式アカウント(旧LINE@)でしょう。 https://www.linebiz.com/jp/

自分の個人アカウントじゃなくてビジネスアカウントで、お店や会社が管理するアカウントの作成ができます。

 

詳しいつくりかた、流れなんかは本を読みながらやった方が確実で早いです。というか私は詳しくないんで(汗)


 

↑この本にあるように「コストゼロ」っていうのは、LINEの配信は有料なんだけど、月に1000通までは無料なんですね。(フリープラン)

つまりお友達(正確には”ターゲットリーチ”)が1000人なら、月に1通は無料だ。 毎日送るようなこともないだろうし、個店レベルだと十分ですよね。

 

 

たとえば、品薄のマスクが入荷したなんて場合、LINEで顧客名簿として関係をつくっておけば混乱も減らせるでしょう。

お得意さんに優先的に販売したり、品薄品をきっかけにリストを増やしていくこともできるわけです。

 

「マスクありますか?」なんて、わざわざ人が対応する必要がないことですからね。

 

 

LINEの自動応答

LINEでお客さんの登録が100人なんてなったら、対応が大変・・・
なんて思っていたんですが、大丈夫です。

基本が、「個別対応をしない」がデフォルトだから。
もちろんチャットで個別対応もできます、

 

でもウリはメッセージ対応でしょうね。AIとか業種別とかできてます。

LINEメッセージ対応
「営業時間は?」や「最寄り駅は?」などのキーワードに対して、自動で返事するようにできてるんですね。

ただこのくらいの内容ならば、マイビジネスの掲載情報です。なのでもう少しコミュニケーションもとれそうです。

 

最初は設定が必要になるかもしれませんが、ほぼ自動で顧客対応までできちゃうってことですね。

「マスクの入荷はいつですか?」
→「申し訳ございません、入荷予は未定です。」
とかね。 人が対応しなくてよいことを、自動化できるわけです。

 

 

LINEの抽選機能

マスクが100枚入荷する場合。
店頭なんかに出してもただの売買。つまんねーーーー。

じゃなくて、お店のお友達(LINE登録者)に優先して販売すればいいのに、なんて思うんですね。

 

そう思っていたらなんと、LINEには抽選機能なんてあるんですね!
まさにこれだ。

たとえば、お友達100人、入荷数100人だった場合。
当選確率を99%で上限を100ですね。

LINE抽選機能

 

ハズレの1人は「残念賞」として売ればいいでしょ。

というか・・・ 全員が当たりなら抽選は必要ないんじゃない?
なんて思うかもしれません。うん、まぁ別にいいですけど。

 

でも抽選で当った!って方がおもしろいじゃん。

当たり前にようにお金とマスクを交換して終わり。
じゃなくて、「当った!というラッキーな体験」をプラスできるわけです。

 

 

新型コロナが収まったあと

 

今までどおりに戻るだけの店。
or
顧客リストでコミュニケーションを築いた店。

 

小さいお店がLINE公式アカウントを使うメリットは、とてもとても大きいと言うことですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページ集客ガイドの注目記事を受け取ろう

LINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページ集客ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本語URLは避けた方がいいかも

  • 重複コンテンツの表示は1ページ

  • 東本願寺のお賽銭も電子決済

  • アクセス解析は事実を突きつける

関連記事

  • ワードプレスの投稿をjetpackでSNSに連携する方法

  • ぐぐたす終了

  • ツイッター通知の変更方法

  • 【批判殺到】妻を怒らせた弁当

  • 社長ならFB広告を使ってないと、ほんと「いいね」集めで終わってしまう

  • 会社ならエゴサーチ検索でしっかり顧客対応!