やらない理由がない検索の需要チェック

リスティング

前回の投稿で、王子できのランチでは「量」や「大盛り」をアピールした広告の反応が悪い、という実例を紹介しました。

では逆に、世間の需要とマッチしたアピールをするにはどうしたらよいのでしょうか?
そこで地味ながら大切なのが、検索の需要チェックです。

 

関連語チェック

かんたんな方法は、検索してみて関連語をチェックすることです。
検索エンジンに「王子駅 ランチ」と入力すると、「王子駅 ランチ ○○」という○○の部分が表示されます。

基本はYahoo!の虫眼鏡と言われる複合語や、検索窓に入力したときに出てくるサジェストキーワードですね。

Yahoo!の方がこのキーワードの更新タイミングが早いので、Yahoo!がいいでしょう。

実際に「王子駅 ランチ」と検索した結果がこちらです。

複合キーワード検索して画面の下をみると、ずらーっと並びます。

「安い」、「子連れ」、「おすすめ」、「カフェ」、「定食」、「イタリアン」・・・と続いています。

 

つまり、ここに出てくるキーワードには需要があるわけですから、広告でもここをアピールするのがおすすめですね。

これを見てみると「大盛り」など「量」を求めている人はいないようです・・・

 

次にアピールするとしたら、そりゃまずは「安い」でしょうね。
だって探している人が多いのですから、需要ありです。

自分が思いつくことよりも、先にリサーチすることで失敗を回避できますので必ずリサーチしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました