QRコード作成のかしこい方法

QRコードの作り方 システム

いまさらですが、QRコード。

かんたんな作り方を説明します。
そしてこれからつくるなら効果測定をしておきましょう。

 

QRコードでつくるURLアドレスには、必ずパラメータをつけてくださいね。パラメータは最後に解説しています。

 

手順としては3ステップでできますよ!

1・QRコードに入れたい情報を決める

2・QRコードを作成(サイトでQR画像をつくる)

3・QRコードを配布(印刷するなどして配る)

 

 

QRコード作成サイト

シンプルな手順としては、QRコードを作ることができるサイトを利用します。

※注意点
チラシからホームページを案内する場合などは、
【URL】を選んでください。
【テキスト】を選ぶとリンクされません。

 

 

QRコードメーカー

【QRコードメーカー・https://m.qrqrq.com/】

商標を持つデンソーウェーブの公式サイト。
シンプルにQRコードをつくることができます。

QRコードメーカー

もうQRコードを作るだけならこれ。
なにげにアクセス解析も使えます。

 

 

QRのススメ

【QRのススメ・https://qr.quel.jp/form_bsc_url.php】

文字入れ、アイコン入れなどの加工ができます。
ほかにも多言語などのオプションもあり。

QRのススメ

かんたんにちょっとしたデザイン性をアップできます。

 

作るだけなら、基本はこの2つのサイトで十分でしょう。

 

 

QLEAR

【QLEAR・https://qlear.cloud/】

かなりデザイン性の高いQRコードの作成が可能。
店舗向けのサービスで、クーポンやガチャなどもあり。

【QLEAR・https://qlear.cloud/】

 

 

 

QRコードの反応チェック

作るのはかんたんだ!
となったら、ぜひやって欲しいのが反応チェックです。 設置したQRコードがどのくらい読まれているのか?のチェックです。

ホームページのアクセス解析は、検索やブックマークなども含まれます。最近はリンク元もカウントされなかったりして、かなりあいまいです。

 

でも、あることをすると、設置したQRコードからのアクセスを正確にカウントできます。

 

パラメータ

まずかんたんなのが、URLにパラメータをつける。

たとえば今見ているサイトのアドレスこれです。
https://blog-homepage.net/

このアドレスのあとに「?」~のパラメータをつけます。
「?」~のパラメータはいわばメモのようなもので、URLアドレスにくっつけても影響がありません。

 

たとえば「?qrcode」とつけるとこうなります。
【https://blog-homepage.net/?qrcode】
クリックするとわかりますが、https://blog-homepage.net/ が表示されます。

これ、表示はトップページです。
でもアクセス解析には「https://blog-homepage.net/?qrcode」と表示されるんですね。

だからQRコードからアクセスがきた!とわかるわけです。

これがないとアクセス100あっても、どこから来たのかわかりません。
検索から80、QRから20とわかれば効果測定になるということです。

 

2019年のチラシに印刷したなら、こんなのとか。
【https://blog-homepage.net/?chirashi-201909/】

赤羽地域にポスティングしたのなら、こんなのとか。
【https://blog-homepage.net/?post-akabane】

店頭の看板でセールをアピールしてたのなら、こんなのとか。
https://blog-homepage.net/?kanban-sale/

どの↑アドレスでも、表示はトップページですね。
でも、アクセス解析はそれぞれカウントされているんです。

 

チラシはどのくらい効果があるのか?
どこにチラシを出したら反応が良いのか?
どんなことを書いたらアクセスが多かったのか?

こういうことをチェックすることができるわけですね。

 

QRコードでつくるURLアドレスには、必ずパラメータをつける!

これ、まちがいないやつです。

 

QRコードもネットの世界。ということは効果測定がこんなかんたんな方法でわかります。
でも知らないとただただURLをQRコードにしてしまいます。

ほんともったいないので、しっかりパラメータまではやっておきましょう♪

 

タイトルとURLをコピーしました