Google検索のAI技術・RankBrain

ランクブレイン システム

RankBrain

AIはもちろん、Google検索にもつかわれています。
その名称は「RankBrain(ランクブレイン)」です。

検索を決める要素は200種類といわれていますが、このRankBrainの重要度は3番目!検索クエリの15%に影響を与えるとか。

 

ちなみに1番は「被リンク」で、2番目は「コンテンツ」です。※ゲイリー・イリーズ(さんマットカッツさんの後任)の発言。

「被リンクの時代は終わった!」とか言ってる人はウソをつく人なので気をつけてくださいねw

【RankBrainは文章の「意味」を理解し、重視します。】

でもAIって意味は理解できません。
Googleの担当者と私、どちらが本当のことを言っているでしょうか?
抽象的だとわかったような気になって終わってしまいます。
そこで、具体例を出しますね。

 

でもAIは意味を理解しない

では、私の近所だと正解がわかるので、近所の飲食店を探したいと思います。
昨日もおとといもラーメンだったので、今日はラーメンはイヤ。

そこで、【王子駅でラーメン以外の店】と検索します。

これ、もしあなたがこう聞かれたらどうしますか?
じゃぁ和食とか、中華とか?パスタなんてどうですか?
なんて提案しますよね。

でも、現在のAIではこうなります。

めっちゃラーメン屋やん・・・
コントのボケくらいに、ラーメン。

AIさん【ラーメン以外の店】って意味分かってる???

わかりません。

だってAIは、言葉の意味を理解できませんので。

あなたの近所でやってみれば、ご自分でも確認できますよ。

ちなみに【ラーメン】【以外】の【店】として計算されますが、【以外】の重要度が低いんですね。

だから【ラーメン】 【店】と意味がかわらないわけです。
※検索結果は他の要因でかわるけど、ラーメン店が出ます。

だって、AIは言葉の意味を理解できないもの。

こんな優秀なシステムでも、「意味を理解刷る」というのはとんでもなくJハードルが高いことということですね。

そのためAIが普及したとしても、意味を理解する仕事は必要になります。

ゆえに、AIに仕事を奪われない人の鉄板スキルは、【意味の理解】だと思うわけです。

ちなみに・・・
意味の理解が苦手な人は、読解力が低い。
もう↑のような文章だと、長文過ぎてそもそも読めません。

けっこう重要なことなんですよ。

ぜひここまで読めたあなたは、↑と同じ検索方法をチェック。
2020年は、スマホ片手にドヤ顔でAIを語ってみてください♪
この検索結果に変化があれば、大きなバージョンアップが行われたとチェックできますね。

 

タイトルとURLをコピーしました