1. TOP
  2. トラブル
  3. 日本語URLは避けた方がいいかも

日本語URLは避けた方がいいかも

 2020/10/19 トラブル
この記事は約 2 分で読めます。 201 Views

一時期、日本語フォルダ、日本語ドメインがめっちゃ強くて悪さしたのも懐かしいですよね!

結論からいうと、SEO的には検索順位にも影響しないとされてるし、検索結果では太字になったりすることもあるのでどっちでもいい。

ただ、不具合が起きる場合があるので、どっちでもいいなら【半角英数字】の方がいいかもしれません。

猫プランター

きっかけは猫プランターです。

まぁニュースにもなったし、上位にでてるだろう。
とみたら1位でした。さすがですね!

そしてもろもろ複合キーワードなどの順位チェックなどを行っていると、ちょっと問題が発生しています。

検索結果からはリンクされているのですが、Googleは「site:コマンド」でインデックスがないというんです。

ちなみにドメイン名ではちゃんと表示されるので、日本語URL(フォルダ名)から認識がおかしくなっています。

つぎに「Cache:」でもチェックすると原因がわかりました。

検索キーワードは 32 語までに制限されています。“E3” とその後に続く語句は無視されました。

つまりURLが長い。だから検索エンジンが認識しねーぜべいべー!ってことですね。
まぁ検索結果からはリンクされているので問題ない。

でもこのような不具合の原因になってしまうということは、ほかの人からリンクで紹介される場合にも問題が考えられます。

もちろん、それでも日本語にする理由がある!ならいいでしょう。
でもやっぱり、長すぎず【半角英数】で意味のあるURLが無難ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページ集客ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページ集客ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ追跡アプリのデータ違法収集

  • 集客セミナーBのLPテンプレート

  • 働き方セミナーAのLPテンプレート

  • ドライブスルー魚屋への須田亜香里さんのアドバイスは?

関連記事

  • ビジネスもネット化で災害対策

  • Video~で始まるDMに注意!フェイスブック動画スパム

  • Googleメンバーシップ・リワード

  • さくらインターネットになりすますフィッシングサイト

  • 日本地図センターのハッキング問題

  • 検索結果 削除