東京オリンピックチケットも、ネットがなきゃ情報もわからない

東京オリンピック システム

東京オリンピックチケット購入方法

普通に開始した、東京2020のチケット申し込み。
こういう国民的というか世界的なイベントって、WEBの基準の参考にもなります。

 

【1】 【TOKYO 2020 ID】に登録

【2】 【東京2020公式チケット販売サイト】 のチケット販売から。
※2019/05/9~28まではまず抽選。

 

まぁこの手順はいいとして。
もはやこんな一般人が多いイベントでも、ネットが使えないと話にならない。

それだけもう、IT化が普通に進んでいることがわかりますね。

 

ちなみに店頭販売や旅行会社のパッケージは、様子を見て行うそうです。

 

 

IT化のチェック

 

これを機会に、多くの国民がネット当たり前になっちゃう。
今でもあたりまえだろ! なんですけどね。

こうなると一般企業もネット対応の遅れは、単に迷惑レベルになっちゃう。
今で言えば、興味をもった店のHPがなかったら不便なだけ、みたいな。

 

「人にフォーカス」できているかどうか。
企業の視点が問われるタイミングが来てるということですね。

こういう国民的な動きがあるタイミングに、自社内の確認をしてみるといいですね。

 

もちろん、ライバル会社はそのままでいいけどw

タイトルとURLをコピーしました