SNS集客もいいけどサイトで検索対策も大事だね♪

SNS

今どきの若者は検索をしない?

あるネットに弱いコンサルが言いました。
「若者はもうネットで検索しないんだよ。」

WEBサイトじゃなくてこれからはSNSだと。
しかし博報堂さんの分析ではちょっと違う傾向が。

Googleじゃなくてインスタやツイッターの「#ハッシュタグ」で探すんだよ。うんまぁ確かにそうかもしれないけど、ブラウザ検索(Yahoo!やGoogle、DuckDuckGo)を使わないってことはないでしょう。

 

「検索離れ」は本当? データから浮かび上がる若者の意外な検索行動
https://www.hakuhodo.co.jp/magazine/93455/

でもさすが博報堂だ。
事実データをしっかり検証したら、そんなことはないということが明らかに。

それもSNSかブラウザ検索か?ではなく、両方を使い分けていることがわかるんですね。
消費者にフォーカスすれば、噂話に惑わされることなくマーケティングができますね。

 

SNSと検索結果を使い分け

この博報堂さんが動画にしているデータを見ると、人の行動と検索の先にやるべき事が見えてきます。

日常的にSNSを使い、あるときに「SNS動画 音声なし 再生」と検索。
1つは、ナゼそのSNS内で音声なし再生を検索しないのか?

もしかしたらSNS検索は行ったけど、わからない。
だからブラウザ検索をしたのでしょう。
SNS内で解決したならわざわざブラウザ検索する必要ないですから。

つまりSNSで興味をもって、より詳しい情報をさがしているのでしょう。

ほかにも、「月が綺麗ですね 映画」なども、SNS内で完結できずに検索へ。検索するとわかりますが、SNSだと感想やつぶやきが多く、意見がほとんどです。

でもブラウザ検索の場合、まとまった情報、より詳しい情報が見つかることがわかります。

 

SNS→検索

ビジネス目的で考えれば、「あたみ」→「熱海 温泉」のパターンですよね。これまたブラウザ検索では旅行記などで、行こうと思っても情報がわかりません。

「熱海温泉」ではSNSに公式アカウントもないので、まずざっくりした情報もわかりません。
個々の旅館のアカウントもあるのですが、これでは全体像や候補をピックアップできませんよね。

そこでブラウザ検索「熱海 温泉」なのでしょう。
トラベル系のページがまとまっているので、ここに行こうかな?と検討するには便利です。

これを考えると、SNSなどで「熱海の温泉」いいかも?と興味をもった人がブラウザ検索をする。つまり、検索から来る人は買う気まんまん客とも言え、逆に売ってあげないとお客さんも困るはず。

つまり、SNSか?検索か? ではなく、SNSの次に検索するよ。
と考えた方が消費者の行動とマッチするのでしょう。

もちろん「明日の天気」で検索1位でも儲かりません。
そうなるとSEOでのキーワードが重要になってくるわけですね。

 

サイトをしっかりつくる

これらを踏まえると、SNSは興味をもったり集客の部分。
検索は次の段階である見込み客が行うわけです。

SNSか?検索対策か?ではなく、順番。
というかSNSはほかの人がやってくれます。

企業や公式は検索語のサイト(LP)をしっかりと作ることが大切でしょう。だってこれらは自分しかできませんからね。

また集客ならばお金を払えば、GoogleやYahoo!が代行してくれます。
でも売れるサイトは、自社が頭に汗をかいて作らないとできません。

このことからも、SNSを生かすためにも検索にでるサイトもしっかり作りましょう。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました