SEO対策になるブログ記事の書き方

SEO対策になるブログ記事の書き方 ブログホームページ

SEO対策になる記事の書き方

SEO対策になる記事の書き方の、基本中の基本のお話です。
これだけで検索順位が上がるとは限りませんが、最低限スタートラインという感じの基本です。

最近は上手い人たちの記事が検索にも出やすいので、お手本も見つかりやすいです。
でもまずは、キーワードフォーマット、検索結果の3点チェックが基本です。

 

SEOで狙うキーワードを入れる

以前のとおり  【キーワード】  を決めます。
この時にキーワード選びがズレすぎていると、検索順位は期待できません。

よくある例が、キーワードが大きすぎること。
ライバルも多く強いのに、自社の情報では力不足な場合ですね。

 

キーワードの入れ方は、狙うキーワードをタイトル、見出し、本文に入れましょう。そしてメインとなるキーワードは、1ページにつき1つがいいですね。

この場合の「入れる」というのがポイントで、ただ入れるだけでなく自然にいれる。では「自然とは?」と禅問答のようになってしまいます。

 

でもまずは、狙うキーワードを、タイトル・見出し・本文に自然に入れましょう。
キーワードをしっかりと意識しないと、あれもこれもで何の話か分からず、SEO的にもマイナスになるので注意しましょう。

 

しっかり3つにキーワードを入れる

  • タイトル
  • 見出し
  • 本文

1ページ1キーワード

 

 

検索に好まれるフォーマットで書く

Googleさんに好まれるフォーマットで書きましょう。

検索エンジンは文章中の文字を、均等に判断していません。
重要な部分、そうではない部分があります。

ですので、検索エンジンが評価しやすいフォーマットで書きましょう。

 

検索エンジンは【タイトル】と【見出し】を強く評価します。なので、タイトル、見出しを守ればOKです。
意味のある画像にはaltタグを設定しましょう。

あとは、箇条書き、引用くらいですかね。
検索エンジンは色などは評価していないようですが、文字色や【】などで装飾するのがいいですね。

 

ちなみにこのページなどのパターンはこんな感じです。

タイトル

  • 見出しH2
    文章
  • 見出しH3
    文章
    文章
  • 見出しH3
    文章
    文章

のように、段落で分けています。見出しには自然な範囲でキーワードを入れてくださいね。

これとは別にコンテンツの書き方の順序もありますが、ここではフォーマットだけにしておきます。

 

検索結果をチェック

狙うキーワードの検索結果をチェックしましょう。
理由はGoogleさんが評価している結果が検索順位だからです。

あるキーワードではこんな内容が良い!とGoogleさんが判断したのが検索結果です。
逆にこれからページを追加するなら、最低限に必要な情報もわかります。

 

手順としては、まずキーワードで検索。
できれば、1ページ目にあるページを全部チェック。

すると、ちゃんとタイトルにキーワードが入っていたり、ドメインが違うことがわかるでしょう。
そして、各ページでは段落もしっかりと作られ、キーワードも含まれているはずです。

 

そして重要なのはコンテンツ。
どんなことが書いてあるか?をチェックしてみてみてください。

そのキーワードにで上位表示されてるページこそが、Googleが求めているコンテンツということです。

 

そしてあなたのページは,上位のページで書かれていることはすべて網羅。
さらにオリジナルの情報を入れましょう。

もちろんドメインの強さやリンクなどのSEO要素があるので、順位ではなく上位に出ているページの内容をチェックすることです。

 

まとめ

SEO対策になるブログ記事の書き方は、3つのポイントがあります。
キーワード、フォーマット、そして教護調査です。
ただ検索対策は時間がかかるので、気長にチャレンジしましょう。

キーワードはもちろん、検索意図やコンテクストも前提です。

タイトルとURLをコピーしました