ランディングページ

ランディングページ ブログホームページ

ランディングページとは

販売用のページと言えば、LP(ランディングページ)です。
WEBでのLPといえば、本来の意味ではなく、ほぼほぼセールスページです。

本来の意味は訪問者が最初にみるページですが、ネット広告では最初に見せるページを決められます。そのためほぼほぼ、ランディングページ=セールスページということです。

広告費を払って日記を紹介する場合って、効率悪くてやらないですからね。

 

そしてこのLP、もうWEBでは要という位置づけです。
ブログ、SNSいりません。必要なのは、LPだけ、みたいな。

実際は、SNSだろうがLPから行動してもらうことになる最重要なページです。
なので作り方もかなり深く、書籍でも情報満載です。

そこでざっくりと、あくまでざっくりとLPの作り方などをご紹介します。

 

ランディングページとホームページの違い

LP(ランディングページ)とホームページの大きな違いは目的です。

ホームページは自己紹介に近く、色々な情報がある総合的なページです。
ランディングページは、訪問者に行動を起こしてもらうために、情報を絞ったページです。

 

ホームページは基本的にいろいろな情報が載っていて、10ページくらいはあるでしょう。
でもLPは基本1ページでほかのページへのリンクも最小限にします。

このためホームページではビジネスになりにくく、大切なのはランディングページなのです。

 

ランディングページの作り方

ということは、LPの作り方はセールスに沿ったセールスライティングによって書かれたページとなります。営業マンの営業トークみたいな感じですね。

ワードプレスのプラグイン、ツールやLP作成サービスなどでつくりますが、大切なのは、ページの内容なのです。ぶっちゃけLPの作成はなんでもいいです。※重要ではないので

 

といっても初めての場合、ツール選びから始めることになり、営業トークの構成でもターゲットを決めています。つまり前提となる下準備が必要です。

えっと「作り方」の回答としては、LPのツールやシステムを使い、セールスの手順で構成を作るのがランディングページの作り方です。

 

ランディングページのデザイン

LPのデザインは、どうでもよくあり、最も重要です。

どうでも良いというのは、デザインの見た目が美しいから申し込む、購入するなんてことはあり得ないからです。
しかし我々デザインの素人は、見た目のデザインでしか判断できないことが多いのです(涙)

見た目には縦長で・・・ですが、もっと大切なことがあります。

 

しかしデザインの本来の意味は「計画」。コチラのデザインとしては最も重要です。

ターゲットを決めてペルソナを作り、競合調査を行い勝てる訴求を決める。
集客する媒体、メッセージを選び、行動を促すまでのストーリーを掲載します。
これが「デザイン」ということになるので最も重要なのです。

 

ぶっちゃけ見た目の「おしゃれな感じ」や「高級感があるように」などの見た目のデザインの場合、まず失敗するのでやめましょう。

ぜひ本来の「計画」という意味のデザインで作成しましょう。
売れるランディングページには、必ず売れるデザインで作られています。

 

ちなみに見た目のデザインに関しても、最初に色や雰囲気は来ません。
それって服で言うなら、黒でおしゃれな喪服を着て、どこに行こうか?という話です。

逆に純白のドレスを着たら、友達の結婚式には参加しませんよね?
東京ドームへオレンジと黒なら、1累側のジャイアンツを応援でしょう。

 

このように見た目のデザインは、最優先されることはありません。
これはLPでも同じですので意識してみてください。

 

ランディングページの構成

LP(ランディングページ)の構成は、セールストークのスプリクト(台本)と同じです。
よくある、キレイなページだけど売れない、というのはセールスができていないからなんですね。

またWEBの場合、集客元によってお訪問者の状況が違います。
訪問者の状況が違うと、セールストークの順序も変わります。

 

セールスライティングにはパターンがあり、「AIDA」、「AIDMA」、「AISAS」「PASONA」などが有名です。まぁいっぱいあるということは、やりこむと大変!です。

そのため「AIDMAはもう古い!」のような色々な情報がでてきますが、まずはシンプルな基本から取り組むといいと思います。LPの構成はセールスの手順なので、廃れませんので。

 

つまり、LPに連れてくる人によって、ランディングページの構成が変わります。
そのためLPのテンプレートはありますが、見栄えを見てもあまり参考になりません。

テンプレなど具体的なパターンは後日

 

たとえばテレビショッピング。
あれも、パターンが決まってますよ。

商品や出演者などは違っても、構成のパターンは同じです。
わかりやすいのが値段。価格はオチだと、元ジャパネットたかたの髙田明さんは言っています。
はじめのほうに価格を言うことはないんですね。

 

これがまさに価格は最後という構成の1つです。
※本体1円のような場合だけ、例外だそうです。この場合の1円は価格ではなく強い初級だからでしょうね。

LPの構成の話は長いですが、パターンがあるというこです。

 

ランディングページの運用

ランディングページも、漬くって終わりではありません。
ホームページやブログと同じく、作ってからがスタート。

主に広告から集客するので、その結果をもとに修正改善していきます。
この運用をやらない場合、まず失敗します。
変化に対応できないからですね。

 

ただ個人事業のカウンセラーさんなどの場合、メルマガ登録や申し込みLPくらいなら放置でもいけるでしょう。
ブログやSNSで動機づけしてから、LPに誘導することが多いからです。
この場合、関係性ができていればLPで売り込む必要がないですからね。

ただ法人の場合は、運用までをしっかり計画にいれることをおすすめします。

 

まとめ

この記事にようにクライアントへの説明用!ならば無目的(メールやチャットで知らせてフォローするので)でもいいですが、ネット集客ではしっかりとつくる必要があります。

 

ランディングページは、行動をしてもらうためのページ

内容はセールストークと同じ

構成が先、見栄えのデザインは最後

 

そして、ビジネスでは運用までを考えましょう

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました