集客ブログでのネタは、質問に対する答えがおすすめ

ブログホームページ

集客ブログでのネタは、質問に対する答え

集客ブログでのネタは、質問に対する答えを書きましょう。

理由は、検索は検索キーワードに対する回答を表示するようになっているから。
そしてその傾向はますます強くなっています。

 

例えば「案山子の読み方」と検索すると、読み方が書いてあるページを表示してくれます。ちなみに「案山子」だけだといろいろ表示されます。

案山子の読み方

これは「1マイル」や「ベジタブルのスペル」なども同じく表示してくれます。

 

検索意図

そしてより賢くなっているが、検索意図も判断しています。

例えば「気温」。昔なら気温という単語の意味を表示したでしょう。
でも「気温」と検索する人は、今の気温が知りたいのだろうということで、周辺地域の気温を表示しています。

言葉や単語の意味ではなく、検索意図、検索した人が知りたいことを表示してくれます。

 

「コンバージョンを計測タグの設置」は一言で回答できないので、詳しく書いてあるページが抜粋され、該当箇所にジャンプします。

また、ページ内には「コンバージョンを計測タグの設置」という文章はありません。つまり、単語やキーワードのみでなく、検索意図を判断して検索に表示させているわけですね。

 

余談ですが、2022年の4月だと「円安」がニュースになっているので、「円安」と検索するとニュースが表示されます。

このように検索意図は社会情勢でもかわります。
Googleとしては出せる手持ちのカード(表示するネタ)が必要です。

それは検索においては、質問に対する回答です。
質問に対する回答ページをつくりましょう。

 

SNSでより検索意図が明確に

SNSによって検索する人は減った。
なんんて言われますが、ちょっと違います。

単純に暇つぶし程度のユーザーは、そもそもゲームやSNSで時間つぶしやコミュニケーションをとるようになったからです。

 

やはり用事があるとき、捜し物をするときには検索する。
逆に何もなければ、検索することはないでしょう。

例えばトイレが壊れた人が修理業者を探すのに、やはり検索でしょう。
SNSの知人に聞くよりも、たぶん検索するのではないでしょうか。

正確には口コミで知ったとしても、SNSや公式サイトなど複数のメディアで確認するはずです。
この時に公式サイトでしっかりと、問い合わせや注文を受け付けられるようになってなかったらどうしていいかわかりません。

 

口コミの場合も勧めるにも、このサイトだよ!連絡先はどこ?やってるのかな?なんて不安になったりするでしょう。
これはビジネスとして単純に機会損失でしかありませんよね。

この場合も、口コミで勧める人も「このサイトだよ」とリンク1つで詳しく書いてあるブログがなければ困ります。くわしい説明なんてできませんからね。

この時にサービスの詳しい説明などがなく、店長日記で「やっぱりラーメンはトンコツ」なんてブログが表示されても困るわけですね。

このようにSNSの時代だよね、検索より口コミなんてことを踏まえても、しっかりと質問に対する答えが必要なのです。

 

まとめ

検索エンジンは、検索結果に答えを表示する
単語や文章だけじゃなく、検索委とも判断している
SNSが普及しようが、必要なコンテンツは回答。

集客ブログで書くべき内容は、質問に対する回答を書きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました