検索キーワードのタイミング

検索キーワードのタイミング 日記

検索キーワードのタイミング

検索キーワードにはタイミングがあります。
この検索需要をしっかり把握しておくことで、WEBの年間のスケジュールがたてやすくなります。

とても単純に、年末年始やお盆の時期、入学式シーズンなんてのは需要が一気に変わりますよね。

このように、この時期には売れる!という業界は多くあるでしょう。
でもSEO対策の場合、条表示されていなければ無理ゲーです。

だからこそ広告をだして、サイフを開けて検索してくるお客さんを集めたいところです。
時期に関しては、Googleトレンドで年間の傾向をチェックしておきましょう。

Google トレンド

ネット広告で通年チェック

検索広告の場合、通年での出稿がおすすめです。
理由は、低価格でも実際の市場データを入手できるからです。

正月だから、ゴールデンウィークだから、夏休みだから、クリスマスだから、などなど、行事やイベントによって変化があります。
このような季節の変化と本来の需要を分けるために、年間のデータが欲しいのです。

 

予算が少ない場合でも、少額にして出稿しておきましょう。
かりに予算を少なく設定しても、たまーに広告はでますので。

あまり広告が出ないなりにも、たまに出る回数が増えたり、逆に同じ予算でも表示が減ったりします。

 

これは世間の需要の変化であったり、教護のネット対策の変化であったりします。
このようなデータはマスコミなどでは扱えない、自社のみの貴重なデータになるからです。

ただLPを漬くって集客しても、常に表情は変わります。
その変化に対応する体制を作っておく。

 

DXとか言われるように、これからさらにIT火が進んでいきます。
しっかりとついていくためにも、通年出稿での自社データの取得をおすすめします。

 

年間スケジュール

SEOでは最低半年はかかる。でも広告ならすぐに出る。
これは事実ですが、広告も最適化するのには時間がかかります。

SEOなら来月に需要が上がるキーワードで対策してたら遅い。
むしろ来年を目指すしかありません。

広告でも1かつきでLPを作っても、反応を見て修正することはできません。
これはAIでも数字が少なすぎて判断できません。

このように、なにをやるにしても年間でも需要をチェックしておくことが大切です。

○月は需要が増えるので、予算とリソースを増やそう、○月あたりまでは需要が無いのでリソースを別に割こう、または別の訴求で試してみよう、などという判断ができるようになります。

 

まとめ

検索需要は年間を通して変わるものがある。

ツールでチェックだけじゃなく、広告をだしておくと正確な情報がわかる

検索需要ににあわせて、スケジュールをたてましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました