フェイスブックの差別禁止ポリシー

フェイスブックビジネスメール リスティング

広告の差別禁止ポリシー

 

フェイスブックといえば、世界レベルの広告SNSサイト。
そのFacebookから、差別禁止のポリシーに同意してね♪とメールが来ました。

ビジネス利用しているユーザーへ同意を求めているようです。

 

細菌は特にLGBTやジェンダーについては、社会的な行動を求められますね。
下記のNG例にあるような【女性が応募したくなくなるような】なんてのは、答えがありません。

ネットの問題じゃなくて、社会の問題と言えるわけですね。

 

桜田大臣の「がっかり」発言。
謝罪後のコメントで本人は、なぜ非難されているのかわからない。そうです。

分からないというのは、大きなリスクということですね。

 

フェイスブック広告差別ポリシー

 

Facebookの広告ポリシーでは、広告主がFacebookの広告製品を使用して個人やグループを差別することを禁止しています。人種、民族、国籍、宗教、年齢、性別、性的指向、性同一性、家族構成・配偶関係、障がいの有無、医学的/遺伝子状態など、一定の個人的な属性に基づいて個人またはグループの機会を奪う広告は差別的な広告です。

 

フェイスブック広告差別ポリシー

衣料品店の求人広告で、女性を除外したり、女性が応募したくなくなるようなやり方で、広告のターゲット設定をしている

 

タイトルとURLをコピーしました