レスポンシブ広告で「判断」よりも「創造」の時代へ

リスティング

WEBの現場運用者が頭を悩ませる、おじさんのクソバイス。

打ち合わせや会議でAの方がよい、私はBだと思う。
そんな無駄な作業をせずに、仕事をしたいところです。

この無意味な作業が不要になるのが、レスポンシブ広告。
さっさと出して結果見れば良いだけなので、個人の思いつきは不要ってことですね。

今までのGoogle&Yahoo!の検索広告は、テキスト広告。
でもこれからはレスポンシブ広告へどんどん移行へ。
DNも対応してくると、検索とDNの区別もなくなりそう。

 

まず細かくタイトルや見出し、説明文を入力する必要がなくなるでしょうね。
でもその分、ターゲットに響くフレーズやキーワードをどれだけ用意できるか?がポイントになりそうです。

 

レスポンシブ広告とは
https://support.google.com/google-ads/answer/7009645?hl=ja

掲載面に応じてレイアウトを最適化! 「レスポンシブ」
https://ads-promo.yahoo.co.jp/online/template_responsive.html

FB広告の、複数のテキストオプションも同様ですね。

 

 

拡張テキスト広告廃止に備える!今さら聞けない「レスポンシブ検索広告」入稿と運用の基本
https://www.glad-cube.com/blog/?p=33665

Google検索広告では、2022年6月末をもって「拡張テキスト広告」の作成・編集ができなくなり、代わって「レスポンシブ検索広告」への移行が推奨されています(ただし、配信の継続やレポートの作成は可能です)。

 

そうなると、例えば「早い」「安い」「うまい」の訴求がある牛丼の場合、キーワードやフレーズをセットすれば勝手に反応のよいキーワードやフレーズを表示してくれるようになるわけです。

ということは、LP自体にもその訴求が書いてある必要がありますよね。
「早い」「安い」「うまい」を均等にしたオリジナル。

 

あとはそれぞれに特化した、ファーストビューがあった方が反応がよいでしょう。
ということは、複数のLPも必要になってくるわけです。

広告の判断はAIがやってくれる。
相当にレベルの高い運用者でもないかぎり、AIの機械学習の方が優秀でしょう。

 

でもAIはクリエイティブの作成やターゲットの掘り起こしまではやってくれない。
やってくれたとしても、着地するLPまでは作ってくれない。

そういう意味で、あーだこーだの判断はもう不要。
どれが良いかはAIでわかってしまうから。

 

それより重要なのは、候補となるクリエイティブを用意すること。
しゃべり場ではないので、思いつきのおしゃべりは不要。

AI時代に求められるのは「判断」ではなく「創造」ということですね。
打ち合わせや会議で得られる成果は、もう期待できませんから。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました