1. TOP
  2. リスティング
  3. Googleマイビジネスのアクティビティって?

Googleマイビジネスのアクティビティって?

リスティング
この記事は約 3 分で読めます。 627 Views

マイビジネスのアクティビティ

Googleマイビジネスのオーナーになると、自分の管理したお店や会社の情報を確認することができます。

フェイスブックページと同じように「インサイト」なんていいます。
ざっくりとアクセス解析みたいなものです。

 

まず当社を確認してみると・・・
しょぼ!

 

マイビジネスアクティビティ

でも投稿した画像は、8閲覧(ページビュー)、クリック0です。

なので何かしら投稿すると表示される、その内容が興味あるものならばクリックされるでしょうね。

 

 

アクティビティの内訳

ちなみにアクティビティの内訳はこれら。

  • ルートリクエスト
  • ウェブサイトアクセス
  • 通話数
  • 写真の閲覧数
    ※今後は「フォロー」も追加されるかも

 

これを考えると、アクティビティの内訳にも大きな違いがあります。

たとえば「通話」と「写真をクリック」。
商売的にこれが同じ重みの1、ということはあり得ませんよね。

 

 

業種によってかわる

たとえば別の定食屋さん。
写真の投稿は1枚(私がこないだ投稿した)

アクティビティ

通話は減ってるけど、ルート検索は増えてる。
私が投稿した写真は、閲覧すら0w。※たぶん投稿からの期間がみじかくて、まだ数字が出ない

 

じゃぁお店はどうなってるか?
というと、困るくらいにお客さんが来てる。

実際に「Googleを見てきた」なんて言われたそうです。
「Googleを見てきた」=マイビジネス(Googleマップ)と考えていいでしょう。

もっとお客さん増やす?って聞いたら、「大変だからいらない」とのことでした。

 

別のお店で、お土産的なモノ。

アクティビティ

ここはウェブサイトがある。(通販サイト)
やっぱりサイトがあると見られるんですね。

興味があればあるほど、詳細を知りたくなるものです。
ここは独自性が強く、ライバル店がありません。

 

でも一般的な業種の場合、WEBサイトで差別化をしっかりアピールした方がよさそうです。

たぶんお客さんはライバル店もチェックして比較するはず。
なのに詳細情報のWEBサイトがなければ、情報がないですからね。

 

このように業種などによって、必要な情報、求められる情報が変ってきます。

自店に何が求められているか?そんな見込み客の気持ちを探るためにも、インサイト情報を活用したいところですね。

 

 

まとめ

アクティビティにも種類がある。
マイビジネスの情報や投稿をして、インサイトで変化を確認するのがおすすめ。

そして当社のショボさをなんとかしたいです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページ集客ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページ集客ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本語URLは避けた方がいいかも

  • 重複コンテンツの表示は1ページ

  • 東本願寺のお賽銭も電子決済

  • アクセス解析は事実を突きつける

関連記事

  • ネット広告ここまでやったら儲からない?

  • 重複コンテンツの表示は1ページ

  • リバテープ製薬の広告文とLPセットの事例

  • ハズレ広告を作らないための広告文テスト

  • テイクアウトマップをアップグレード

  • 美容室など個店に朗報!Google検索が多様性をアップ!