1. TOP
  2. トラブル
  3. ネット中傷・投稿者の特定迅速化!

ネット中傷・投稿者の特定迅速化!

トラブル
この記事は約 2 分で読めます。 63 Views

企業(の代表者)などの場合は、コスパが合わないのは同じ。
抑止になればね、というかんじでしょうね。

 

犯罪を犯されても犯人を見つけるまでに数か月。
そこからやっと提訴って、どんだけスローライフを送っているのかって話ですよね。

現状では特定するだけでも少なくとも東京での2度にわたる裁判手続きが必要で、被害者が賠償を受けるまで、1年以上を要する例も少なくない。

 

この案の進みがぜんぜん迅速じゃないんですが、早くやろうよ。

今って誹謗中傷してもほぼやったもの勝ち。
自殺者がでてもと放置ですからね。

 

でもなんで東京なんだろうと思ったら、開示請求をするプロバイダの本社が東京にあることが多いので、東京地裁で手続きをするからだそうです。

 

しかも、これもある。コスパが合わない。

投稿者を特定できても、賠償金の相場は数十万円程度。訴訟費用や交通費を差し引くと「大赤字」のケースも多い。

 

SNSで誹謗中傷された

↓ 投稿者特定に数か月

↓ 投稿者が特定できてから提訴開始

↓ 裁判開始

 

しかもこれ、ツイッターやフェイスブックだと本社が海外で、さらに時間がかかったり。
また記録の保持期間が過ぎてしまい、IPアドレスをチェックできなかったりもある。

 

ネット被害、裁判迅速化へ 地方の負担軽減は不透明 SNSの罠

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e62a541e3d1ad2532612c76edab8073c014e79b

 

\ SNSでシェアしよう! /

ブログホームページ集客ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログホームページ集客ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • サッポロラガーのスペルミス

  • ネット中傷・投稿者の特定迅速化!

  • ホームページ運営代行サービス

  • 事務的、無関心な態度はクチコミの評価を下げる

関連記事

  • 【詐欺メール】あなたのパスワードが侵害されました(メアド)

  • ドメインとサーバーを分けるのはリスク対策の基本

  • ランサムウェアの被害にあった98%の残念な人は?

  • ナチュラルサプリメントはYouTubeの規約違反

  • 天皇杯・チケット完売なのに客席はガラガラ

  • 偽のサイトにアクセスしようとしています