構造化データの種類

ブログホームページ

Google構造化データの種類

なんと30種類以上も用意されているという、Googleの構造化データ。
まぁどうせやるなら、ガッツリとサイト作成者の協力を得た方がいいでしょうしね。

 

そしてこの構造化データで現在揃っているが30種類程度だそうです。
そしてこれらの傾向を見ていくと、検索エンジンの位置づけや求められる情報が見えてきます。

 

普通の日記ブログ

パンくずリスト
そのページがサイト階層内のどこに位置するかを示すリスト。

Article
サムネイルより大きな画像を添えた見出しテキストなど、トップニュース カルーセルやリッチリザルトの機能で表示されるニュース、スポーツ、ブログ記事。

普通の日記ブログみたいのだと、この2つくらいではないでしょうか?
それも重要とは思えず、むしろ「その他」扱いに近い気がするのは私だけでしょうか?

 

求められるコンテンツ

では日記ではないページのコンテンツは何なのか?
そう考えるとArticleに含まれていた、これらのジャンルが求められる記事ではないか?と思われるわけです。

MovieやProductは、レビューとして考えるとしっくりきます。
「おすすめ」や「評判」などの回答になるのでしょう。

 

よくある質問
特定のトピックに関する質問と回答の一覧を掲載したページ。

Q&A
Q&A ページとは、1 つの質問の後にその質問に対する回答が続く、質問と回答の形式のデータが含まれているウェブページです。

ハウツー
あるタスクを正しく完了するための一連のステップを、順を追ってユーザーに説明するもの。動画、画像、テキストを利用できます。

Movie
映画カルーセルは、ユーザーが Google 検索で映画のリストを探すのに役立ちます(「2019 年のおすすめの映画」など)。各映画のタイトル、監督情報、画像など、詳細情報も表示できます。

Product
商品に関する情報(価格、在庫状況、クチコミの評価など)。

ブログのコンテンツはこれらを意識してみたいと思います。

ほか。

 

検索ギャラリーを見る

検索ギャラリーとリッチリザルトを見る  |  検索セントラル  |  Google Developers
検索ギャラリーでは、Google 検索のリッチリザルトに表示される機会を増やすためにサイトから提供できる情報をわかりやすくご覧いただけます。

 

知って得するSEO対策! 構造化データ 30種 全網羅!!

といいつつ、なんとなく書いてしまうと「Article」になってしまうわけですね。
だから「その他」扱いでは?と思うのです、はい。
ちなみにこの記事は「BlogPosting」です。
タイトルとURLをコピーしました